お手持ちのピアノ、汚れていませんか?

くすんでたり、塗装表面に傷はありませんか?

ピアノオーナー様に、クリーニングをお勧めするには理由があります。

ピアノ外装クリーニング
ピアノ外装クリーニング

(全体の汚れ落し、金属部の輝きをよみがえらせます。)

    

ピアノの塗装は、楽器自身の保護と美観を与えるために塗られます。

塗装がなければ、湿気、温度変化に対応できず、ボディの割れや湿気の影響を直接、受ける事になります。

 

汚れたままでは、表面の傷や、ひび割れにも気付きません。

知らないうちに、下の方が剥がれだしていたり、塗装が浮いてきてるピアノをよく見かけます。

 

下の写真はクリーニングの一例です。 

 

(一部、塗装焼け、塗装劣化の場合、研磨では対処できない状態もございます。

 その時は、最善の方法でご提案いたします。)

 

クリーニング再生のモデルは、1922年頃製造のハンブルク製、

スタイン・ウェイです。

 

35年ほど前に、ラッカー塗装で塗り変えしてありました。

 

 その後、ヤマハUX-5の一部ですが、簡単なご紹介ですがくすみの例です。

 

 写真案内、右下の三角をクリックしてください。

アップライトピアノ    ¥35.000~(消費税別)

 

グランドピアノ      ¥45.000~(消費税別)

 

 

よくあるクリーニングのタイミングは、

 

   ・リフォームの際。(リフォームの際お預かりもできます。その間に外装クリーニング、メンテナンスはいかがでしょうか?)

   ・お引越し。(新居にピアノも一緒に新しい生活をしませんか?)

   ・婚礼(嫁ぐ新婦に思い出のピアノもリニューアルして持っていきませんか。)

   ・ピアノを譲る。(お友達に譲りたいが、運送とセットで見てもらいたい)

   ・ピアノを頂いた。(知人から譲り受けるんだけど、外装も内も心配。。。運送途中で点検いたしますよ。)

   ・再びピアノを使い出した。(調律もしばらくそのまま、カビ?弾きにくいご相談ください)

 

             等々。

 

調律、整調、整音を維持しながら、外装もまとめてピアノの一部と思って下さい。

  業者様にも対応致します。お問い合わせくださいませ。